美意識が高い人は皆やっている|注目ナンバーワン歯

説明を聞くこと

歯科医の説明をきちんと受けること

歯に痛みがあり、歯科へ行ったときに、何の説明もなくいきなり治療がはじまったり、痛いところ以外のところから治療を行われたりした経験がある人も、少なくないかもしれません。病気で病院に行ったときは、どんな病気なのか、その症状や治療法をしっかり医師と話し合おうとするのに、歯科に関しては、虫歯が命にかかわることがほとんどないせいか、治療に関する説明を詳しく求める患者は少ないようです。しかし、歯科の数も増え、自分で信頼できる良い歯科を選ぶ時代ですので、ぜひ納得のいくまで質問を重ね、詳しい説明を聞いて、どのような治療のオプションがあるのか、どの治療にはどのくらいの費用と期間がかかるのかなどをじっくり話し合うことが、これからの歯科の利用において大切です。

これからのデンタルケアのトレンド

歯科医のほうも、最近は若い医者をはじめとして、インフォームドコンセントをきちんと行ったり、複数の治療のオプションを提示して患者自身に選ばせたりという丁寧な対応を行う歯科医が増えてきています。やはりクリニックが増加しており、他医院との競争に勝つためにも、患者の満足度を高め、信頼を得て、かかりつけ歯科に選んでもらえるための工夫が必要です。歯科医がおこなっているそのような取り組みを利用して、患者のほうも、受身ではなく、能動的に積極的に自分の歯の健康について考え、適した治療やケアの仕方を学ぼうとする姿勢が大切になってくるでしょう。これからのデンタルケアのトレンドは、患者主体、そしてオプションを与えるという観点にありそうです。